女性

社内に設置する会社も続々と増えている|自動販売機があるオフィス

経費に影響なし

自販機

電力削減を目標とした取り組み

自動販売機は明治時代半ばに誕生したものと言われています。全国各地に設置されている自動販売機は、昔と比べると機能がとても進化しています。特に最近良く目にするのが、長時間使用をしていない場合に自動販売機内の電気が自動で消えたり、暗くなったりするものです。近年、省エネやエコといった地球・環境に優しいものが支持され始めています。そのため、自動販売機に使用する電力量を削減することが推進され、省エネなものに切り替わったと考えます。2005年の総消費電力量と現在の総消費電力量を比較すると、おおよそ48%ほど削減することに成功しています。現在の自動販売機業界では、2050年までに60%の削減を目標とした取り組みが行われています。

自動販売機の設置方法について

近年、自動販売機を設置している業者は多く存在します。基本的な負担費用は、飲料代金・電気代の2つが主となるため、会社の経費に大きな影響を及ぼさないため、設置しやすいといえます。設置台数に制限はないので、社員に人気のある飲料メーカーの自動販売機を好きな台数分設置することが可能です。設置するにあたって、はじめに行なうことといえば、飲料メーカーに連絡することです。大手の飲料メーカーの場合は、自動販売機の設置も行なってくれているところが多いので、まず相談してみましょう。利用方法としては、インターネットで各業者のサイトを調べてみるといいでしょう。サイトに設置に伴う説明が詳しく記入されています。また、各業者によって方法が違うのでしっかり確認しておくことが重要となります。